スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ワイド液晶ディスプレイを購入
こんばんわ、ヤタです。
いきなりでなんですが、ナナオのワイド液晶ディスプレイ FlexScan S2031W-HBKを購入しました。
購入した経緯としては、ごく単純で…WSXGAという広範囲のデスクトップ領域を先月購入したThinkPad X61上で使いたいという理由です。
ゲーム以外は全て、メインであるThinkPad X61を使ってるのですが…いかんせん解像度がXGAゆえにデスクトップ領域が狭いのです。
だったら、B5ノートなんか買わないで普通のA4デスクノート買えよ!とか聞こえてきそうですが…
家のどっかで寝っころがりながら使ったり、野外で使うこともあることを想定すると…
B5ノートがベストであることは間違いありません。しかし、通常時は自宅のデスクで使うことを考えると、B5ノートでは窮屈であったりするのも事実です。

モバイル機能を確保しつつ、高解像度なデスクトップ領域が欲しい…この一見矛盾している自分なりの一つの答えとして、B5ノート+高解像度外付けディスプレイ、外付けキーボードマウスに辿り着きました。
WSXGA広い…

上記の写真がその構成なのですが、左のノートPC ThinkPad X61を通常のデスクトップPCで言う本体とし、今回購入したワイド液晶モニターと外付けキーボード&マウスで操作する…というような構成です。
→実は、CPU切り替え機も裏で装着させてるので、東方とかトリスタ等をやる時はデスクトップPCに切り替えて、このワイド液晶ディスプレイを使ってます。

で、話をワイド液晶ディスプレイに戻すと…とにかく餅は餅屋のナナオ製品だけに大変色合いが落ち着いて見えます。今まで使ってたDELLの液晶ディスプレイや、ノートPCの液晶に比べて…やはり違います。視野角や画像のぼやけとか…まずなく、なんだか良く分からない(ぇ)画質を向上させる機能がふんだんに取り入れられているゆえの賜物と言えるのでしょう。
ここでは、そういう感性的というか表現的みたいな感想はこれ以上言えないので(笑)、私的に嬉しい機能を並べてみたいと思います。

1.ビポット機能
俗に言う…ディスプレイの回転です。
縦表示、すごくべんりです。

ワイド液晶ディスプレイを90度に回転させると、上記のように縦長になります。
縦長にして何が嬉しいの?と思うかも知れませんが、ワードやpdf、WEBサイトやメール等がほぼ
一画面に収まってしまうので、一度に大量の情報が表示できるのです。
Excelファイル等は通常使用で良いとは思うのですが、縦長的なワードファイルやブログ等のWEBサイト
は縦長が基本なので、これは大変便利な機能です。

2.アスペクト比固定機能
俗に言う、ディスプレイを通常の4:3の比率にしてくれる機能です。
ゲームとかテレビとかをフルスクリーンで起動すると…ワイド液晶ディスプレイだけに横にびろ~んって伸びて、アレな感じになってしまいます。しかし、この機能ゆえに画面が伸びずにプレイが可能です。
→一時的にワイド液晶がワイドじゃない液晶になる感じで、ワイドのデスクトップ領域分の横幅は、黒い帯になる。

…こんな感じです。

まあ、分かっていて購入したとはいえ…高性能ゆえに、さすがにナナオは高いですな。
→同じ値段出せば…他社の上位ディスプレイ買えてしまう。
ただ、値段相応の価値はあると思うので、液晶ディスプレイにこだわりのある人にはお勧めしたい一品です。

今日はこんな感じで。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<え…?200装備…? | 努々鰻 | 新スキルが…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。