スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
最近のGVG
こんばんわ、ヤタです。

今回はトリスタの話。

最近、自ギルドでGVGを行わないので、某ギルドさんへいつも拾ってもらって行っています。
しかしなんというか、この某ギルドさん強いですねえ…ギルド自体が強いためか、
銃士に落とされる確立も極端に減りました。
自分自身がヒッターというよりも、補助に回る魔なので、うまく役割分担できてるのかなーって
思い始めてます。

これを機会に自分の行動パターンをおさらいしてみよう。

基本的な立ち回りとして、開幕第一に雷を打つ!これはどんな雷魔もやるところでしょう。
だいたいそれを撃った後は、仲間と相手がいっきにもみくちゃ状態にやりあう状況になるので、
相手の攻撃型が空いているようだったら、その相手に雷かヘルファイア。すでに攻撃型がいない
場合や、銃士が近くにいる場合は、距離をとって近い距離にいる相手にヘルファイアかシャワーか
雷をうつ感じになります。

以下、職業別対策

VS兎
基本的に、ヘルファイア→シャワー→ランス。
近年の兎はHPが高いことと、自分の魔力が高くないのでこれでも死なない兎がザラにいます。
ゆえに、相手のPOT消費狙いも兼ねてヘルファイア(イビル)は積極的につかってます。
自暴自棄になってメテオしてくる兎がいれば好都合なのですが、最近は良く逃げる兎が多いので、
その場合は上記のコンボに、雷による足止めが加わります。

VS牛
基本的には兎と変わらないのですが、ある意味…牛使ってる人ってもはや…強い牛しか
いないので、実は兎よりも慎重にならざるをえません。海斬りで心中してくれる牛ならまだ
いいのですが、うまい具合にダメージコントロールしている牛は一方的に殺られることがあります。

VS魔
もはや幸運勝負の一言でしょう。相手が魔力重視の魔なら怖くないのですが、相手が幸運重視
ならば、おおよそ負けるのですなあ;その場合は耐えて時間稼ぎをするか(味方銃士を待つ)、
それが見込めないようだったら、雷で動きを止めて逃げるか…もはや雷すら弾く魔ならば、
自分にリカバしながら逃げるかの三択になります。

VS銃士
天敵とも言える銃士ですが、最近の銃士のトレンドって…やっぱり幸運銃士なんでしょうかねえ。
HPはそんなに高くないので、シャワーが全弾ヒットすれば倒せるんだけど当たらないしなあ。
とどのつまり、ほぼ負けるけど魔と同じで幸運勝負なんだよね。

VS猫
猫には色んなスタイルがありますが、一番恐ろしいのは回避極マナブレ・バリアブレ猫でしょうか。
某猫さんのブログには「魔の戦意喪失させるぐらいマナブレする」ということが書かれている通り、
相当ブルーな相手です。何しろ回避極猫のマナブレは、下手すると雷すらダメ0(スタン発動しない)
にされることもあり、闇盾の効果も下げられ、かなり無力化されます。
対策としては、粘着される前に雷づけ又は、雷→距離しかないですな…

VS狸
雷→ミスト→離脱…終了。他に対峙する相手がいなければオラハザ・ハイブレのカウンター狙いで
まとわりつくぐらいでしょうか。ですが、最近の狸はマナブレ・バリアブレも使ってくる方もいるので、
そういう狸に関しては、雷→離脱して終了ですねえ。
稀に相手チームで並以上の狸が2体以上いると、お察しな結果になるので、
やむおえず雷オンライン発動で完全に補助になります。

最近の課題では…確実に獅子の天敵である兎を落とすために、魔力重視の装備を用意するか、
現状を維持するか……そんな感じですな。


今日はこんな感じで。
スポンサーサイト
別窓 | トリスタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DDNSが… | 努々鰻 | 東方緋想天-体験版->>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。