スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
約1年経過した今だから言える転職活動追記-前編
こん**わ、ヤタです。

まだ現職にて、丸一年経ってはいないのですが、
転職活動において語っていなかった事を"今だからこそ"書いてみようかなと思います。


…と、いうわけで…改めて前職から現職までの転職活動の記録を書いてみよう。
※記憶があやふやなので、事実と若干違うかもしれませんが、気にしないで下さい。

2012年 12月頃
友人が転職活動に成功しており、自分自身の市場価値が知りたいなぁという
ふわっとした気持ちから、複数の求人サイトに登録。
この時点で、本気で転職しようなどとは思っておらず、いいところがあれば受けてみようかな
っていう軽い気持ちであった。

2013年 10月頃
なんやかんやで前職を退職。
上司への退職願は確か7月頃にしたと…思う。
初めて就職した会社で、長年続けてきた会社ではあり、お世話になった事は
まぎれもない事実だし、直属の上司にも色々と可愛がってもらった手前、
思うところはありました。
自分の心も痛かったし、なんというか直属の上司への裏切りだよなぁという思い、
10月まで前職在職中うまくやっていけるのか…等。
実は、7月の時点で次の職が決まっておりませんでしたが…
この時点では特に"それ"については心配しておりませんでした。

2014年 2月頃
現職に就職。
今に至る…。


と、簡単にささっと書いてしまいましたが…
前職を辞めたのが2013年10月、現職に就職したのが2014年2月
つまり…ぶっちゃけるとその間はニートを満喫しておりました(笑)

自分自身でもかなりの慎重派だと思いつつ、
次の職が決まっていない状況でも退職願いを出した当時の自分。
普通に考えて無謀だと思うところですが、次回はそこらへんを書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 転職 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<約1年経過した今だから言える転職活動追記-後編 | 努々鰻 | 2015年も宜しくお願いします。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。