スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
転職雑記08
今回も転職に伴う面接小話を。
そろそろこのシリーズも終わりが見えてきました。


第5回:某持ち株会社情報システム部


某転職エージェントから応募。

とりあず社内SEという枠で求人を探し、試に申し込んでみたら書類選考を通過したので面談へ。
M&Aやらなんやらで急成長しているグループ会社。それゆえかベンチャー的な会社であり、
年間休日数も少なく、業務も忙しそうではあった。

面接相手は現場のマネージャただ一人。
ここで吟味されて、問題なければ人事面接、役員面接へと続いていくのだろうなぁと思った。
今更ながら、このような一次面接が現場の人からスタートする場合、なんとなくすべてはこの一次面接
にかかっているような気がした。


いつも通りのテンプレだけど…
・転職理由
・当社を選択した理由
・自己紹介を兼ねた職務経歴
・がんばったこと
・つらかったこと

とりあえず、情報システムとして必要なスキルが乏しいためか…
結局は落ちたんですが、私のスキルの偏りでは情報システム部は無理かなぁて、この時思いましたね。
そういう意味でも、前職にいたんじゃいつまでたっても、そこらへんのスキルの研磨はできないので、
転職してよかったかと思います。
あと、職務経歴書に"やってきた事"や"得意分野"等をガリガリと書いていくのですが、
相手企業の求めるものとガッツリとハマれば良いのですが、
ハマらなければ面接自体も微妙になりますよね…(だったらなんで書類選考通したんだよとは思うけど)


正直、「中小SIer…いや、特定派遣SE辞めて、社内SEやりたい」と思っても…
やはり現実は厳しいようです。
特にある程度年齢がいっていると…


今日はこんな感じで。
スポンサーサイト
別窓 | 転職 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<転職雑記09 | 努々鰻 | 転職雑記07>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。