スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「なれる!SE」
こん**わ、ヤタです。

久しぶりに内容がある記事でも。

**年ぶりにラノベを購入しました。
タイトルは、「なれる!SE 2週間でわかる?SE入門」。

購入のきっかけは、一部話題にあがっていたSEな現場なラノベという、たったそれだけだったりします。

近年の絵に描いたようなラノベですと、主人公がヒロイン達に囲まれてモテモテハーレムみたいな
イメージがあったりますが、本書はなんというか…生々しくて、現役SEな人が読むと、
ニヤリとする内容といった感じでしょうか。
→たぶんヒロインの存在だけが非現実

とりあえず1巻だけ読んでみると…
※インフラ系ネットワークな業務で、主人公とヒロイン?はそのSEで、
(主人公=新人、ヒロイン=先輩且つOJT担当)
teratermだとか、ciscoとかまんま伏字になしででてきたり、
主人公の最初の仕事が、そのciscoルータへのリプレースだったりと、
本当に生々しくて、苦笑いしてしまう…そんな内容だったります。

正直、ズブの素人がCiscoルータのリプレースを1日でやれとか、
→研修も何もない状態でIPアドレスすらわからない状態から
終わるまで終電なくなろうが帰るなとか…ブラック会社臭が漂いますが、
なんだか似たような経験あったなあ…と、ちょっと昔を思い出しました。

SEって何やってるの?とか、良く聞かれますが…
"だいたいこの本と同じ内容"と言えるぐらい生々しいです。
(さっきから生々しいしか言ってませんケド)

”開発VS運用”とか…「あー、ウンウン…やっぱそういうのあるよねえ」みたいな
題材を扱ってる巻もあるっぽいので、とりあえずあるだけ読んでみようと思います。

今日はこんな感じで。


※SEにも種類がありまして、プログラム組む人だけではなく、サーバやネットワーク機器を構築する、インフラ(基盤)SEだとか(規模によってはサーバ、ネットワーク、データベース等細分化される)、出来上がった(出来上がる)システムの運用を取り決めていく運用SEなんてのもあるんです。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なれる!SE2 | 努々鰻 | きつい>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。