スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
非課金GVG猫纏め&WGの感想
こん**わ。
ヤタです。

今回は、トリスタにおける非課金GVGのディーバ的且つまとめみたいな駄文を。

非課金GVGにおける雑種猫…つまりディーバを使い続けて約1ヶ月。
LVも181になり、武器もようやく満足したものをGETできた現状なので…
ある意味完成したと言っても過言ではない状態にしあがりました。
→ベストと盾の合成がイマイチではあるのですが。

まず、私の猫は回避極で、HP主体装備なので…
極論言うとバランスというか…中途半端な猫です。
(前線ではない猫を目指していたのですが、なんかもはや狸そのものな役割になってるw)

それでも、味方の構成しだいでは…知らない間にTUEEEしてしまう時がありました。
→そのほとんどのHITはぬめい銃士さんなのですが;

雑種猫は、特化狸のオーラハザードがないため…一撃範囲的な威力は劣りますが、
以下の2点が強みといえます。

1.コンサートツアーがある。
 正直、GVするまでは必要性があまり感じないと思っていたのですが…
 今では、自分のメイン攻撃スキルになっていました(笑)
ハイプレッシャーと同じく、HP依存である攻撃ですが…ハイプレッシャーと異なり、
 飛び道具且つ、範囲巻き込み型なので…これでぬめい銃士は落とすことができます。
 直接銃士を狙わなくても巻き込め、接近しないと使えないハイプレッシャーに
 比べ、かなり便利な攻撃スキルです。 
 
2.ウェイトゲインがある。
 物理&魔法攻撃のダメージ削減スキル…だけど実感はあまりないかな?w


とまあ、こんな感じではあるのですが…
兎や牛…銃士や特化狸に比べて…最大攻撃力は及ばないので、
相手が硬い場合、うまく立ち回らないと空気になることがあります。

基本戦法としては、エリを大量に買い込み…
先陣きってコンサートツアーをぶっ放しつつ、壁役になることです。
…なんか外見に似合わず、重戦車みたいだ(笑)
→なんかそんな役回りゆえに、自分自身が味方チームの攻撃タイミング役と
 言っても過言ではないです;

もちろんエリクサーやマナポは、所持アクセで買い込み…戦闘用アクセに戻しての
重量超過状態にしておきます。

それでは、以下に職業別な対応を書いて見ましょう。

・兎・牛・特化狐全般
回避できなければ痛いということを考えれば…ひとくくりです。
基本的にコンサートツアーやワンペアでけん制し、突っ込んでくるところを
コンサートツアーかワンペアで一撃くらわし、すぐにハイプレッシャーで追撃する時が
倒せるチャンスといったところでしょうか。

・銃士
強敵です。
ぬめい銃士も硬い銃士もダメージが痛すぎます。
ぬめい銃士はコンサートツアーによる巻き添え攻撃、1対1の状況ではワンペアで
確実に落とします。
問題は、硬かったり回避が高い銃士で…
基本的には上記の「兎・牛・狐」と同じ戦法になります。
しかし、硬くてしかも火力高すぎるという恐ろしい銃士の場合…
メテオを持つ仲間の兎に頼らざるえません;
いたずらにエリが消費され、ワンペアで倒しきれず…
コンサートツアーやハイプレッシャーを撃つ前にHPを限界近くまで減らされるので、
コンサートツアーやハイプレッシャーが豆鉄砲並の威力になってしまいます;

・闇盾持ち魔
魅力型の宿命か、彼らからはよくダークミストやダークスローをよくもらいます(笑)
対応としては、それらは甘んじて受け…こちらからはマナブレイクをかけるのが抵抗となります。
このマナブレイク、仲間の攻撃型をSOAから助けるために使っているのではありません。
…闇盾の効果を低下させるのが主な目的です。
闇盾の効果を激減させ、こちらの攻撃スキルで打ち倒すのが戦法でしょうか。

・羽盾持ち魔
相手が上級的な強さだった場合、もはや落とすことはできません。
(スキル的な感想は後述します。)
しかしながら、魔全般に言えることですが…むこうはむこうでコチラに致命的なダメージを
与えることができないので、お互いけん制するだけなダイアグラムでしょう。
しかも、マナブレイクしてもトリートメントで回復されるため…私的にはコンサートツアーの
踏み台に使わせてもらうことしかできません;

・魅力
よっぽど実力差がない限り、お互いけん制して終わりかもです。
味方と一緒に集中攻撃するのがセオリーでしょう。
相手が猫の場合は、コンサートツアーの踏み台にならないように気をつけるのが
ポイントかもしれません。



次に必要なステですが…
まずHPでしょう。
これがないと相手の攻撃に耐えられないどころか、残存HPがそのまま攻撃力になるので、
雑種猫の生命線の1つです。

次に命中ですが、これもないと攻撃自体があたらないので…必要といえます。

そして回避ですが…これはワンペアの威力の底上げと、相手の攻撃をかわす
重要なステータスですね。



なんだかある意味・・・当たり前なこと書いてる気がしてきたんで
雑種猫まとめはこの辺で(笑)







で、うわさの光特化のウイングガードですが…
これは強い(笑)
魔力依存のHPバリアで、ダメージ超過になったとしても(バグ?)バリアが壊れるだけ、
しかもクールが短いゆえに、かけなおしによるバリアの回復楽々という(笑)
あのモロイ…モロすぎる光魔がかなり硬い魔にw

一言で言うと…弱い~普通の光魔が使う分にはちょうど良いスキルだけど、
強い魔だった場合は、魅力以上に不死身になる…兎のガードに匹敵するスキルに思えました。

ある意味、この防御性能が備わった光魔は…かなりの脅威になったと言っても
過言ではありません。
魔力をあげるだけ、HPバリアのHP分が増えるわけですから…
魔力ステをあげれば、二度美味しいスキル…攻防一体なんですねえ。
しかも、その光特化自体がまず…落ちなくなるので、トリートメント(特化ならリザレクションも)
による状態変化異常の回復、フォースフールドによる範囲回復の連続使用により…
強い魅力型と組んだ場合は…その魅力型も不死身に匹敵します;


結論:
・闇系魔よりも恐ろしく手ごわい
・組んでる相手が強ければ強いほど、恐ろしい存在
・とりあえず、私の1st光特化も育てよう(ぉ)

今日はこんな感じで。




スポンサーサイト
別窓 | トリスタ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<携帯電話 | 努々鰻 | 週中は忙しい>>
この記事のコメント
[]
おひさしぶりです!
色々とスキル等が追加されてるようで
現状は帝羅さんの日記で読み取れることしか
把握できていませんが
確かにコンサートツアーはなかなかの良スキルですよね!
シャッフルの時には魅力が私だけだったりしたので
よく使ってました!
私も相手の海切りやCTで味方を巻き込まないようにしてましたが
ヤッスーのに巻き込まれて(逆も有り)よく二人で
やられてたのはいい思い出です(ノωヾ*)
2008-04-28 Mon 07:41 | URL | あれ #rrlS8KXU[ 内容変更]
[]
最近、Gvに出たくてうずうずしてるけど、誰も誘ってくれないっていうか・・・・俺がINしてないだけだけど(ry
まぁ、ブログで盛大にアレってるしなぁ・・・

ラッシュコンボの使いどころを考えてみたけど、やっぱりうちのような回避振りの攻撃兎は獅子や同職潰しがメインですな
回避が無い魅力をラッシュコンボで落とせるようになったと考えれば、攻撃幅は広がってってところ
しかしながら、これまでシカトしていた光魔がやっかいだなぁ・・・・。
ふーむ
ちょっと考えてみたことを記事にしてみようっと

ていらーと一緒にGvしてみたいです(°-°)b
2008-04-28 Mon 10:02 | URL | りりらび #A1vz8dvw[ 内容変更]
[]
雑種羊光verは同じくらい怖いぜ(´д`*)(ぁ
今90~・・・明日には二次転で150くらいかなぁ・・・orz(
2008-04-28 Mon 16:17 | URL | ねた。 #FFeI7iKU[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。