スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
チェス盤をひっくり返す
こんばんわ、ヤタです。

うみねこのなくころにEP2をプレイし、そして読破しました。
知っている人ぞ知っているこのゲーム、簡単に言えば…
「ひぐらしのなくころにの作者が、閉鎖された島での連続殺人事件を書いたらこうなった」
という感じな作品です。

一応ネタバレ?的なことも書くので、ここから先は隠します。

その前にコメレス

■りりぃさん
なんだか、いつの間にかリンクされていたようなので…
さりげなくコチラからも随分と前からリンクしていました~
→だけど、なんかプログがいつの間にか閉鎖してる…?

あと、大分は遠すぎます(笑)
河豚以前に旅費がヤバイことに…(あぅ)

とりあえず、EP1の話から軽く纏めてみると…
話の最後が「現実離れしたような描写(ひぐらしでいう、羽生的みたいな現実離れ)」
があり、最終的な結末をぼやかしたような最後だったけど…基本的には
リアル的な殺人モノなお話だったというのが感想でした。
ひぐらし特有の、幻覚というか…作品のキャラクター達ではなく、
プレイしている人間に抽象的なイメージを見せ、真実をぼやかしてる…
というトリック(というのも変だけどw)が、EP1の最後だと認識していました。
ゆえに、犯人も…顔の判別が出来ない状態で×された、最初の6人の中が犯人
だとも思ってました。
→EP1プレイ後の犯人は、霧江さんかと思ってました(消去法だけど)


…しかしながら、今回のEP2をやってみて思ったことは…
その現実離れ的描写が7割をしめる雰囲気で…
殺人推理の描写だけがリアル的描写という、なんともいえない状況でありました(笑)
しょっぱなから、色々な意味でツッコミどころ満載でしたし…
(無論、現実離れ的な意味で)
×されるシーンだと、なんか能力発動して戦ったりするしで(笑)
ここも抽象的なプレイヤーにたいするトリックと思うことにしても…
魔女の存在についてはどう解釈していいか難しいところです(笑)

最初の×される6人も、今回は顔の判別ができる×され方だったんで、
EP1の頃の犯人は霧江さんかなあというトコロが非常にボヤけてきました;
魔女の存在や、能力とか…そこらへんを描写的トリックとして解釈してみて
犯人を考えてみると…(無論消去法でw)

実際に魔女にあった人間で最初に×された6人のうちでEP1でもEP2でも
×された人間なのかな?と思って見ました…。

…だめだ、今回のEP2やってからというもの…全然想像もできなくなってしまってる(笑)

現実離れ的描写がけっこうあるので、かまいた○の夜2みたいに…パラレルな別物語として
考えたほうがいいのだろうか?w


ない知恵絞るのもアレなので…

今日はこんな感じで。


  
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今年初の雪山 | 努々鰻 | 痺れるほどの衝撃は?>>
この記事のコメント
[]
ブログについてはあんまり気にしないでください(°-°)
かれこれ、高校時代から作成しては消し、作成しては消しってやってる感じでs。
有名どころのブログは使い飽きたので、マイナーなブログサイトを探しているところですねぇ。

>>うみねこ
未プレイだったのですっとばしましたw
ひぐらしはえぇぇぇっと鬼隠し、綿流し、祟殺し、暇潰し、目明し、鬼曝し、皆殺しまでプレイ済み
祭囃しは・・・・・途中で止まってますorz
2008-01-17 Thu 13:20 | URL | りりぃ・らびっと・ブログは自然消滅型 #3/2tU3w2[ 内容変更]
[]
意外とブログ見てる人が多かったという真実に気付けたので・・・。
再び、同じ場所で開始ちゅーです(°-°)
2008-01-21 Mon 09:35 | URL | りりぃ・らびっと・♀で弓してる型 #1Nt04ABk[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 努々鰻 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。